忍者ブログ
2017/11/23  [PR]
 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


放置しすぎた!
忘れてたわけじゃないんだけど・・・ついったで書きたい事かいちゃうからねぇてへぺろ

映画の感想書いて放置してたのがあったので
黒澤明監督のいきものの記録というやつなのですが
見たのがたしか、震災があって一月二月くらいのころでしょうか(遅い
震災がきっかけで見たわけではないのですがちょっとタイムリーな内容で驚きました

ストーリーは放射能の恐怖に駆られた老人が家族を守るために奮闘するというもの(誤解を招く言い方
いつ来るかも来ないかもわからないそれに私財を投げ打ってシェルターを作ったり家を売って
外国に移住しようとする主人公に家族は猛反発。資産の差し押さえを裁判所に請求します。

放射能なんて不安に思ったってどうしようもないもの。でも怖いものは怖い
それに過敏に反応してしまう主人公は次第に追い詰められて・・・
主人公の箍の外れた恐怖心と正常な父性を共に描いていて
何が正しいのか何が正常なのか考えさせる内容になっています

今は震災と原発事故の影響があって
そういった恐怖を覚えてる人も多いので主人公に共感できる人も多いんじゃないかなと
ただ、事故の前にみたらどう見えたのだろうともおもいました




PR
この記事にコメントするよ

name
title
color
URL
comment
password
prev  home  next
プロフィール

HN:
kanoha
HP:
性別:
男性
職業:
無為徒食
趣味:
一日がかりの散歩
カテゴリー

最新コメント

[09/22 NONAME]
最新記事

アーカイブ

忍者ブログ [PR]
  RainDrop